本文へ移動
名寄地区衛生施設事務組合のホームページへようこそ
 
 当組合は、名寄市、美深町、下川町及び音威子府村の1市2町1村による、し尿・ごみ処理施設の管理・運営に関する事務を共同処理する一部事務組合です。
 当ホームページでは、事業活動や施設に関する情報などについてお知らせします。
サンピラー(名寄市)
一定の気象条件が揃った時に氷の結晶が太陽光に反射して現れる光の柱(太陽柱)。
エアリアル(美深町)
本格的なエアリアルの普及と競技者の発掘・育成強化を行い、合宿の受入・大会誘致などにも取り組み、フリースタイルエアリアルの振興地を目指しています。
アイスキャンドル(下川町)
国内のアイスキャンドル発祥の地として毎年2月中旬に町全体が琥珀色に輝き、期間中には各種イベントが開催されています。
全日本クロスカントリースキー大会(音威子府村)
毎年12月に全日本スキー連盟公認の全日本クロスカントリースキー音威子府大会が開催され、2~3年ごとには全日本選手権大会も行われます。
なよろ市立天文台きたすばる(名寄市)
国内最大級の口径を誇る望遠鏡での天体観測やプラネタリウム鑑賞ができるほか、星と音楽の融合をテーマにコンサートも開催されています。
びふかアイランド(美深町)
広大な敷地内にキャンプ場、テニスコート、カヌーポート場などアウトドア施設が充実した自然体験型の交流拠点。
結いの森(下川町)
町内外の人々が集う空間として2017年11月9日にオープンした宿泊研修交流施設。
エコミュージアムおさしまセンター(音威子府村)
現代彫刻家・砂澤ビッキが創作活動の拠点として当時の面影を残した「アトリエ3モア」では、数々の作品とともに教育・文化・芸術の発信地として再現されています。

新型コロナウイルス感染拡大防止対応に関するお知らせ

各施設の見学について
注目重要
各施設(衛生センター、炭化センター、名寄地区広域最終処分場)の見学については、下記の通りの対応となっております。


◎下記のことを留意していただき、見学の受付を行っています。

〇10日以内に見学者の感染が確認された場合、当組合への連絡をお願いいたします。又、当組合職員の感染が確認された場合は、早急に連絡いたします。

〇マスクの着用をお願いいたします。(説明員もマスク着用の対応になります。)

〇室内見学の際に手指の消毒をお願いいたします。

〇室内見学の際に換気のため窓や扉を開けて実施いたします。

〇見学中は、必要のない大声等を出さないようお願いいたします。

〇各施設の見学者人数が45人以上(衛生センターは6人以上)となる場合、実施方法等につきまして、ご協議及びご協力をお願いする場合があり、ご協力いただけない場合はお断りさせていただく場合もあります。

〇各施設の見学者人数が90人以上(衛生センターは10人以上)となる場合、安全に実施することが困難となるため、お断りさせていただく場合があります。

〇今後の感染状況等によって、見学者の受付を中止させていただくことがあります。

TOPへ戻る